沖電気工業(OKI)は2022年2月15日
建設現場向け自動書類作成システム
「T-Communication」(ティーコミュ)」を
大成建設と共同で開発したと発表

作業者の会話や写真などを含んだ
建設現場の情報管理をデジタル化する

自動で帳票を作成する機能などを用いて
関係者全体で情報を共有できる

デジタル機器の操作に不慣れな
現場作業者にも使いやすい操作性を特徴

OKIと大成建設は2022年4月に竣工予定
OKI本庄工場H1棟(埼玉県本庄市)
大成建設の建設現場10カ所でティーコミュの検証を行い
効果を確認した。OKIは引き続き
大成建設の建設現場約50カ所で行う
追加実証実験によって得られるデータを
基に、建設現場の(DX)化を支援する
取り組みを加速する