新型コロナウイルス2年目となった2021年

建設業界においては、2021年度から始まった
「防災・減災、国土強靭化のための 5か年加速化対策」など
官公庁工事のほか、民間工事においても
2020 年度に落ち込んだ反動から
多くの主要上場建設会社で受注が増加

帝国データバンクは、2021年に発生した
建設業者の倒産の集計・分析・業界動向分析
■ 倒産集計対象は、負債1000万円以上の法的整理
調査結果(要旨)
1.2021年の建設業者の倒産は1066件となり
過去最少の水準となった

2. 負債規模別では「5000万円未満」
630件と全体の59.1%を占めた

3. 地域・都道府県別では「関東」が384件で最多
36都道府県で前年比減少
4. 業種細分類では「木造建築工事業」150件最多
「内装工事業」が121件と続いた

5. 人手不足倒産は減少するも人手不足感は上昇
後継者難倒産は3年連続で増加